引越しの詳細

実は私、関東から沖縄に引っ越した時見積を取ったのは、クロネコヤマトとサカイ引越センターだけだったんです。でもね、クロネコヤマトさんは、「この時期ですから、どの業者よりもうちと同じくらいか、うちより高い料金設定だと思いますよ~、今決めてくれたら、これからさらに5千円割り引きます」といわれ、2-3日中に決めれば5千円割引で、55万円くらいという料金を提示して帰っていきました。間髪入れずに来たサカイ引越センターは、なんと営業の方が雪で足を取られ、約束の時間より2時間遅く到着。その分も値引きしてもらって、45万で引越しを引き受けてくれることに。サカイもこれが最安値でこれ以上は無理、と言っていましたから、本当に最安値だったのでしょう。3月下旬の、引越しピーク時のお値段です。また、車はサカイじゃない他の業者が入りましたし、エアコンの取り付けとかも沖縄の業者に委託という感じでやっていましたが、なんにも困りませんでしたよ。

詳細はこちら

35になって思うこと。

35になって感じること、それはやっぱり35にもなって安物を身につけたくない、ということですね。でもね、全部にお金をかけることはできないから、私はお金をかけるところは絞っています。それは、サングラス、ジュエリー関連、靴とバッグですね。バッグはブランドのものを大切に使います。近所のスーパーのエコバッグはDean and Delucaで飽きがこないようにし、あとネイルもお金をかけるようにしています。服装はジーンズにタンクトップでもそれなりに許されるけれど、ネイルがきちんとしていると急にきちんとした印象を与えることができるのでね!特に夏、ビーチリゾートに行くときなどにはジェルネイルは必須ですよ必須。本当はジェルネイルに通いたいのですが、以前は保育園にお世話になっていた子供たちも今は上が一年生で3時前に帰ってくるし、下の子は幼稚園のプレなので午前中で終了… うーん、ジェルネイルは1時間はかかるから無理かなあとあきらめています。自分でやるしかないか…

子供にボロ?着せてる家

子供と同じ学校の同級生に、毎日なんだかものすごく古い衣類を着てくる子がいるんです。年代ものかなあと思うくらい、今どき売ってない柄とかデザインのもので、ポリシーというよりは安いから着せているみたいな… あれって、お父さんお母さんはきっと普通に買っていて、子供はすぐに大きくなるからどうでもいいもの着せておけばいいんじゃないって着せているんでしょうか… 我が家の場合、とりあえず優先するのは子供のお洋服です。もちろん、毎日小学校に行くときはH&MかGAPですが、お出かけの日、ここはというときはちょっと奮発して、バーバリーとかラルフローレンを着せています。というのも、小さいころから良いものを着ていてほしいという願いがあるから。私のものは、ベーシックなものを買えば十分使えるし着まわせるけれど、子供はすぐに大きくなるじゃないですか。もちろん、私も気分転換にH&Mで大人買いとかもしますが、お金がない時は子供のものしか買いません。あそこのお母さん、ヴィトンのバッグで歩いているのに、子供があれじゃあねえ…