福祉の会社

私が4月から正社員として入社した会社は、福祉事業サービスを展開している会社です。福祉というと老人も入りますが、私の会社は障害児/障碍者のケアが中心。重度心身障碍者の方たちではなく、どちらかというと知的・情緒に問題のある方がメインなんですね。

そこで、障碍者の方の住むグループホームを10軒以上、さらに通所支援事業所といって、障碍者の方の就労を促すためのところと、障碍者の方の就労のための事業所を管理していて、それ以外にも発達障碍児の子供たちのための園も経営しているんです。

そのため、ぐっと障害を持った方たちが身近になり、またやりがいも感じているんです。とはいえ、私の仕事は経理なんですが…。
でも経理でも、ホームのスタッフさんとのやりとりなどもあり、そのスタッフさんたちを管理している方たちともやりとりがあるんですが、中に一人、男性の方で、嫌われている方がいらっしゃるんです。

なんでも、匂うのだそう。
彼は汗かきさんなんですよね。障碍者の方を見るような眼で、もうちょっと優しく接してあげてほしいな~と感じてしまいました。
参考:体臭サプリ~原因別対策方法

オレオは中国で生産される?!

今までオレオがどこで作られているのか知りませんでしたが、ライセンス契約終了ということでオレオが今度からは中国で製造されることになるんだそうで、心の中に曇り空が広がってきました…。

そう、あのナビスコのオレオが、北京にあるモンデリーズ・インターナショナル最大のビスケット工場で製造されて日本国内で売られるようになるんだそうです。でも中国のずさんな管理だとな~、食べるの心配だな~って思っちゃうんですよね。

一応この工場は、最新鋭の製造ラインで、中国市場やオーストラリアを含むアジア太平洋の7カ国向けにビスケットやクラッカーを製造しているんだそうですよ。また、ナビスコのリッツはインドネシアのチカラン工場で製造されることになり、プレミアムはイタリアのカプリアータ・ドルバ工場で製造されるんだそうです。でもきっとこのイタリア工場でも、働いている人は中国人なんでしょうねえ…。

オレオとリッツは、日本の消費者のニーズを満たすように開発し、日本人が好む味に改良しているってことで食べてみたい気もしますが、うーん、どうなの?

お父さんがやってくる!

実は我が家、複雑な家庭事情があるんです…。まず、私は母子家庭で育ちましたが、母は公務員、祖父母と同居し、祖父母も公務員だったため、結構固い感じの家系で、一族もみんな教師か公務員か税理士、会計士。ところが私、一族の血に合わない、もしかしたら父親似のちゃらんぽらんな人だったんです。

それで、アメリカ人の旦那さんと出会い結婚し、出会って8年で離婚。日本に帰国し、子供二人を育てながら母子家庭でここ3年、暮らしてきました。が、母がなんと今回、これまた公務員の方と再婚するということになり、家を出るというので私たちが戻ってきたんです。そして明日は別れた元旦那さんが遠路はるばるアメリカから子供たちに会いにやってくるという…。

新しい継父になったおじいちゃんと、私の母と今日はお出かけ中のうちの子たち、明日は別れたお父さんがやってくるという、なんとも複雑なGWになりました。まあ、いつもスカイプで話しているので、あんまり驚くことはないみたいなんですけれどね~。
さて、どうなることやら?!