女子中学生誘拐事件の犯人たち

女子中学生誘拐事件、たったの3時間で犯人逮捕に至ったそうで、実はその3時間も犯人にとっては長い3時間だったのかな、なんて思いました。というのも、犯人の埼玉の人は、子煩悩のお父さんだったそうで、しかもあとの沖縄出身の二人の20代の犯人は職を求めて1週間前に上京したばかりだったのだとか。馬鹿だねえ、上京して犯罪を犯してしまうなんて、沖縄に泥を塗ったじゃないですか。馬鹿にされたくない、と沖縄を誇りに思う人が多い中、こういう犯罪をしてしまうと馬鹿にされる原因を作っちゃうのにさ。埼玉出身の犯人だって、犯罪を犯す前、もしこれが自分の子供が誘拐されたのだったら、なんて置き換えることはできなかったんでしょうかね。女子中学生が無事に保護されたから良かったけれど、これで幸せだった一家はバラバラになるのは目に見えていますよね。子供がかわいければ、犯罪なんてしなければよかったのに、2000万円あったらあれもしてあげられるし、これもしてあげられる、なんて思ったんですかねえ。

コメントは受け付けていません。